​登録すると新着通知を受け取れます

ブラジル・カフェビーニョ入荷しました

ブラジルの新しいコーヒーが入荷しています。商品名はカフェビーニョ。 ワインのような風味があることからこの名が付いたそうですが、ブラジルとだと思って飲むと面食らうくらいのフレーバーがあります。ボディもしっかりしていますが、後味はとてもクリーンです。前回のフルッタメルカドンもフレーバーは似ていましたが、こちらの方がフルッタメルカドンよりコーヒーとしてのバランスが良いと思います。 当店の商品だとイルガチェフェのナチュラルとこちらがフルーツ感をどなたにでも感じていただけいると思いますので、フルーティーなコーヒーが好きな方はぜひ一度お試しください。 農園名: シャローン農園 生産者: マルコス・ミヤキ 生産地: ブラジル・ミナスジェライス州・セラード地域 栽培品種: ムンドノーボ・カツアイ・他 標高: 920 - 1,300m 平均気温: 19~23℃ 開花時期: 9月/10月 収穫時期: 7月上旬〜9月下旬 精製処理: Natural スクリーン: 16-18 #コーヒー

エチオピア・ゲシャビレッジ・オマ・ウォッシュド

新商品のお知らせです。 パナマゲイシャでおなじみのゲイシャ種発祥の村「ゲシャビレッジ農園」から今回はウォッシュドの商品を入荷いたしました。 エチオピア西部のジャングル地帯ベンチマジに位置するゲシャビレッジ農園は、パナマ・エスメラルダ農園と同一品種*であるゲイシャ種を採取し、先住民であるメアニット族と協力し、自然環境への配慮や雇用機会の創出を大切にし、相互理解に努めながら同国最高峰のコーヒーを生産しています。 農園オーナーであるアダム氏とレイチェル夫人は、ドキュメンタリー映画製作がきっかけでこの地に惚れ込みました。農園から約20kmに位置する原生林ゴリゲシャの森(Gori Gesha Forest)を歩き続け、辿りついたのはジャスミンの香りが広がるGesha種の現生地。そこから持ち帰った様々な品種から選別した6種を試験的に栽培し、試行錯誤の後3品種に絞りました。 ( *Gesha 1931 が外観・カップ、遺伝子観点から最も類似した品種。) 今回はそのうちのOMA地区で栽培されているものをウォッシュドで仕上げたものです。 前回のナチュラルのような強いフレーバーは無いですが、レモンのような酸味も抑えられ大人しい印象ですが、こちらの方が飲みやすく感じられる方もいるかもしれません。 #コーヒー

7月8月はワクワクペイペイ対象店です

7月と8月はワクワクペイペイの対象店が飲食店となっているため当店でも11時から14時までに決済をしていただくと最大20%のポイントが付与されます。 是非この機会にご利用ください。 https://paypay.ne.jp/event/lunch/ #キャンペーン #お知らせ

も  か

福岡のカフェ萌香
FOLLOW US
  • Facebook Classic
  • Instagram のアプリのアイコン
  • Twitter Classic
住所

福岡県

筑紫野市古賀906-1

地図を開く

営業時間

11:00-18:00

定休日:火曜日と第1月曜日

 

お問い合わせ

092-929-3351

 

座席のご予約は

承っておりません。

© Copyright 2015 mocha.

All rights reserved.